二枚貝(4)


 

アケガイ(1)
   殻形は卵形。殻表の輪肋は殻項近辺で不明瞭で平滑になる。殻長6cm内外。北海道南部から九州に生息。

(浅賀 正義)


 

アケガイ(2)
   Paphia vernicola (Gould) アケガイの内面。二筋痕。套線湾入は親指状に殻内面中央に突き出す。

(浅賀 正義)


 

マツヤマワスレガイ
   Callista chinensis (Holten) 卵形で中型(殻長8p内外)。小月面は小さく狭い。殻表は平滑で光沢がある。水深50p依浅の砂底にすむ。

(浅賀 正義)


 

ヤチヨノハナガイ(1)
   Raeta pellicula (Reeve) 殻長6cm内外。殻は薄い。殻表には成長輪肋がある。現生同種は東京湾以南の浅海泥底にすむ。

(浅賀 正義)


 

ヤチヨノハナガイ(2)
   殻は薄く,もろい。膨れるが,後方は膨れかたが急に弱くなり,鳥のくちばし状となる。殻表には成長輪肋が目立つ。

(浅賀 正義)


 

チョウセンハマグリ
   Meretrix lamarckii (Deshayes) 亜三角形の外形。殻長下に2〜3本の主歯と前後に側歯をもつ。外洋の水深20m以浅の砂底にすむ。殻表は平滑,殻長10cm内外。

(浅賀 正義)


 

ゴイサギガイ(1)
   殻表は平滑,扁平。直線状の後背縁に沿い弱い高まりがあり,後端はとがる。現生同種は内湾にすむ。殻長4cm内外。

(浅賀 正義)


 

ゴイサギガイ(2)
   Macoma tokyoensis ( Makiyama) ゴイサギガイの内面。套線湾入が深く大きく,前筋痕近くまで達する。

(浅賀 正義)


 

カガミガイ(1)
   Phacosoma japonicum (Reeve) 殻形はほぼ円形,膨らみは弱い。成長線は細かく明瞭で,後端部で板状に立つ。小月面はハート形。

(浅賀 正義)


 

カガミガイ(2)
   カガミガイの内面。套線湾入はとがった三角形状で深い。

(浅賀 正義)


 

ウラカガミガイ
   Dosinella penicillate (Reeve) 二枚貝。殻はやや薄く,膨らみは弱い。殻高>殻長で,復縁がややとがる。殻表の成長線が殻の前・後部で板状に立つ。套線湾入は先端が丸く,深い。

(浅賀 正義)


 

サラガイ(1)
   Preonidia venulosa (Schrenck) 殻長10cm内外。殻は厚く楕円形で偏平。殻表に細い成長線があり,後部は少し曲がりとがる。寒流域に生息する。

(浅賀 正義)


 

サラガイ(2)
   サラガイの内面。大きく深い套線湾入のありさまを示す。

(浅賀 正義)


 

ビノスガイ(1)
   Mercenaria stimpsoni (Gould) 殻形はハマグリ形で,殻長は10cm内外。殻は厚い。殻長の成長脈は密で,やや板状に立つ。現生同種は寒流・浅海の生息種。

(浅賀 正義)


 

ビノスガイ(2)
   Mercenaria stimpsoni (Gould) ビノスガイの内面。左殻後主歯は裂頂する。腹縁は細くきざまれる。套線湾入は浅く三角形状。

(浅賀 正義)