平成30年度の研究について

 カリキュラム開発部研究開発担当が行っている、調査研究事業について掲載しています。
 

教科・領域等に関する調査研究

 調査研究1  (28年度から30年度)
(1)研究主題  これからの時代に求められる資質・能力を育成するための
         カリキュラム・マネジメントに関する研究
         ―子どもたちの主体的・対話的で深い学びを通して―
(2)研究の目的
 子どもたちの主体的・対話的な深い学びの実現を通して、これからの時代に求められる資質・能力を学校全体で育成するためのカリキュラム・マネジメントの在り方を明らかにする。

 ※下記のサポートブックとリーフレット等は、ダウンロードできます。ダウンロードはこちらから。
  



      NEW  平成31年3月

「これからの時代に求められる資質・能力を育成する 
    ためのカリキュラム・マネジメントサポートブック」


 

NEW 資質・能力を育成するために
―「主体的・対話的で深い学び」を通して―
平成30年12月改訂

資質・能力の育成に向けたカリキュラム・
マネジメントの一例をリーフレットにしました。



NEW 
「資質・能力 カリキュラム・
      マネジメントワークシート」
―カリキュラム・マネジメント力を
            向上するために―
平成31年2月

 STEP1
4を「どのように行えばよいのか」が
わかるワークシートを作成しました。
全教職員の共通理解を図るために活用してください。

 


NEW 資質・能力 カリキュラム・
     マネジメントチェックリスト」
―カリキュラム・マネジメント力を
            向上するために―
平成31年2月

STEP1〜4で「何をすればよいのかわかる」が
わかるチェックリストを作成しました。
全教職員参加によるカリキュラム・マネジメントの
実現のために活用してください。

 

NEW 「問いの工夫」
―資質・能力を育成するために―
平成31年2月

授業改善の手立てとして「問いの工夫」につい
て、リーフレットにまとました。
授業づくりの参考にしてください。




NEW
 「思考スキルに応じた
          思考ツールの活用」
―資質・能力を育成するために―
平成31年2月

授業改善の手立てとして、
「思考スキルに応じた思考ツールの活用」について、リーフレットにまとめした。
授業づくりの参考にしてください。



 
NEW 「単元配列表による
           全校での取組」
―資質・能力を育成するために―
平成31年2月

単元配列表を活用して、
教科等横断的に資質・能力の育成を図ります。
全校をあげての取組に活用してください。

 
 
 
 
 

今日的教育課題や県の教育課題に関する研究

 調査研究2  (29年度から30年度)
(1)研究主題  幼児期の教育と小学校教育の円滑な接続を図るカリキュラムについての研究

(2)研究の目的
 「接続期のカリキュラム千葉県モデル」の作成を通して、幼児期の教育と
小学校教育
円滑な接続の在り方を明らかにする。

(3)研究内容
ア 幼児期の教育と小学校教育の円滑な接続に関する基礎研究
イ 「カリキュラム作成ワーキンググループ」を通した実践事例研究
ウ 「接続期のカリキュラム千葉県モデル」の作成

  



      NEW  平成31年3月
    
  「接続期のカリキュラム千葉県モデルプラン」


 
 

リンクリスト

問い合わせ先

ご不明な点は,左記まで問い合わせください。千葉県総合教育センター 
 カリキュラム開発部 研究開発担当

   住  所 〒261-0014 千葉市美浜区若葉2-13  
   電  話 043(276)1282
   F A X 043(276)1472
   E - Mail   sosekaihatu2@chiba-c.ed.jp