サイト内検索

みんなで取り組むちばの教育 
 

オンライン状況

オンラインユーザー31人

カウンタ(2006.3.24~)

2841210

簡易実物投影ツール「EyeZou(アイ象)」の紹介


簡易実物投影ツール「EyeZou(アイ象)」(滋賀県総合教育センター制作)を用いることで,
Webカメラを実物投影機として活用することができます。

<活用例>

(1)教師の手元を見せる。(教卓にWebカメラを設置する。)

   ○家庭科・・・包丁やミシン,縫い方を見せる。

   ○芸術科・・・書道や美術の筆使い,楽器演奏方法を見せる。

(2)児童生徒のノートを見せる。

   ○延長ケーブルをつないで、机間指導しながら全員に見せたいノートなどを見せる。

   ○Webカメラを2台設置することで、2画面を表示して比較検討する。

 ◎pdf版の取扱説明書・活用例はこちらです。(クリックしてください)
            EyeZou取扱説明書.pdf    EyeZou活用例.pdf

 ◎CDはメディア教育棟2階のメディア教育班執務室で配付しています。