トップページ教職員等の研修調査・研究学校支援/授業支援
カリキュラムサポート室科学技術教育情報・ICT教育学力向上に役立つ情報高等学校授業ライブラリ学習指導案等検索研究指定校一覧千葉中央教科書センターちば!教職たまごプロジェクト幼児教育アドバイザー
教育相談/特別支援教育研修室/機器・視聴覚教材貸出刊行物教育センターについて教育関係機関リンク教職員課関係

サイト内検索

みんなで取り組むちばの教育 
 

オンライン状況

オンラインユーザー85人

カウンタ(2006.3.24~)

6384610

お知らせ

児童生徒の理科離れ対策事業(令和2年度)
 各種調査によると、理科を学ぶことに対する関心・意欲や意義・有用性に対する認識について、改善が見られてはいるものの、諸外国と比べると肯定的な回答の割合は低い状況にあり、児童・生徒の理科離れが問題視されています。その原因の一つとして、「小学校教員の理科の指導への苦手意識」が指摘されています。
 千葉県では、理科教育の充実と小学校初任者の理科に関する知識・技能の向上を図ることを目的に、
平成19年度よりサテライト研究員制度及び小学校初任者研修における「理科観察・実験実習研修」を「児童生徒の理科離れ対策事業」として行っています。
 今年度の報告書がまとまりましたので、ご覧ください。
    
令和2年度「児童生徒の理科離れ対策事業」の実施状況と今後の方向性.pdf

 以下は、今年度の事業の概要です。
◎第1回サテライト研究員会議(全体)⇒中止

 5月22日(金)県総合教育センターにて開催の予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況により中止しました。
 サテライト研究員については、
各地域で理科の指導力に優れた小・中・高等学校の教員19名ずつ、計57名を文書にて委嘱しました。

◎第2回サテライト研究員会議(教育事務所別)
 6月下旬から7月上旬にかけて、教育事務所ごとに5会場(県総合教育センター、県立東葛飾高等学校、県立佐倉高等学校、県立長生高等学校、県立木更津高等学校)で実施しました。内容は次のとおりです。
(1)
事業概要、実施計画及び前年度の研究報告の説明
(2)初任者研修や理科教育の指導力及び指導上の問題点・課題等についての協議
(3)初任研「理科観察・実験実習研修」の内容についての協議

◎第3回サテライト研究員会議(会場別)
 「理科観察・実験実習研修」実施前に、18の会場校で実施し、最終打合せ及び準備等を行いました。

◎小学校初任者研修「理科観察・実験実習研修」
 527名の小学校初任者(千葉市、船橋市、柏市を除く)を対象に、19高等学校を会場に8月3日、4日、5日のいずれか1日で実施しました。例年、1日研修で行っていますが、今年度は新型コロナ感染症対策として、各会場の受講生を2グループに分け、それぞれ半日ずつの研修としました。また、検温や健康観察、研修前後の消毒、換気等、念入りに行っての実施となりました。どの会場でも、熱心に研修に取り組む初任者の姿が見られました。
 【会場校】
  ●葛南教育事務所管内 
    
県立薬園台高等学校、県立船橋北高等学校、県立国府台高等学校、
               県立市川南高等学校、県立浦安南高等学校
  ●東葛飾教育事務所管内
    県立松戸高等学校、県立東葛飾高等学校、県立柏高等学校、
               県立柏の葉高等学校、県立流山おおたかの森高等学校
  ●北総教育事務所管内
    県立佐倉高等学校、県立四街道北高等学校、県立銚子高等学校
  ●東上総教育事務所管内
    県立成東高等学校、県立長生高等学校
  ●南房総教育事務所管内
    県立安房高等学校、県立木更津高等学校、県立君津高等学校、県立姉崎高等学校
 【研修内容】
  (1)顕微鏡の使用法
  (2)実験操作の基本と安全指導
  (3)児童の興味・関心を高める指導の工夫

 【研修の様子(一部抜粋)】
   
   


 

カウンタ

1945