Q11,選抜・評価方法

 

 


千葉県総合教育センター学力調査部

電 話 043−212−7588

 

Q11-1:令和年度千葉県公立高等学校入学者選抜の前期及び後期選抜では、各高等学校はどのように合格者を決定するのですか。

 

Q11-2:「自己申告書」を提出した場合、選抜資料となりますか。

 

indexに戻る

 

・・・・・

Q11-1令和2年度千葉県公立高等学校入学者選抜の前期選抜及び後期選抜では、各高等学校はどのように合格者を決定するのですか。

A11-1: 

調査書等の書類の審査、学力検査の成績及び各高等学校において実施した検査の結果を資料とし、各高等学校の教育を受けるに足る能力、適性等を総合的に判定して入学者の選抜を行います。

前期選抜では、各高等学校の特色に応じた選抜・評価方法により選抜を行います。

なお、前期選抜では、原則として、各選抜資料は全て得点(数値)化し、各選抜資料の得点を合計した「総得点」に基づき選抜を行います。

また、後期選抜では、「千葉県公立高等学校入学者選抜実施要項」に則り、県下統一の選抜方法により選抜を行います。

令和2年度千葉県公立高等学校入学者選抜の各高等学校の選抜・評価方法については、令和元年1018日(金)以降、各高等学校のWebページで公表します。

先頭に戻る

 

Q11-2:「自己申告書」を提出した場合、選抜資料となりますか。

A11-2

各高等学校は、「欠席が多い理由」「障害があることによって生ずる事柄」又は「特に説明しようとする事柄」について説明するために、志願者から「自己申告書」が提出された場合には、選抜の資料に加えることができます。

ただし、「自己申告書」が提出されたことにより、志願者が不利益な取扱いを受けることはありません。

なお、「欠席が多い」とは、年間の欠席日数が30日以上の場合とします。

先頭に戻る