チーてれバナー
 

新着情報・センターからのお知らせ

臨時休業期間中の自主学習の支援について
 千葉県教育委員会では、新型コロナウイルス対策のための臨時休業期間に、家庭で学習に取り組むことができる小中学生向け教材を公表しています。以下のページからダウンロードの上、ぜひ御活用ください。
 ・新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休業期間における学習支援について
 (千葉県教育委員会Webサイト内)

絵文字:重要希望研修の受講可・否の通知について
 現在、全ての研修の実施について検討しています。希望研修の受講の可否については、研修履歴システム「Asttra」では「可」・「否」の表示をしていますが、これは、決定されたものではありません。
 研修実施については、後日、文書及び本Webサイトで連絡いたします。実施する研修については、その後、改めて受講の可否について御確認いただくことになります。

絵文字:重要研修の中止・延期・代替について
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、千葉県総合教育センターで実施する研修等を中止・延期、代替の措置をとることとしました。各研修の対応については「(5月)研修・事業等の変更一覧.pdf」「(6月)研修・事業等の変更一覧.pdf」をご覧ください。代替措置の場合の資料等については、「教職員等の研修」から各研修のページを確認してください。
 なお、今後の状況により、変更する場合があります。

絵文字:重要教育相談(来所相談)の開始について
〇「特別支援教育部の来所相談」について 
 新型コロナウイルスの感染拡大防止に係る緊急事態宣言延長に伴い、5月31日(日)まで来所相談を中止しておりましたが、6月1日(月)から来所相談を開始することにいたしました。
 相談開始にあたり、次のことをお願いします。
 1 家で体温を測り、平熱より高い場合は相談は中止となります。
 2 マスクの準備をお願いします。
 3 相談は、窓をあけて換気をしながら行います。
 4 来所されてから、うがい、手洗い、マスク着用、手の消毒をお願いします。
 5 面接時間は、原則として40分とします。
 6 待合室で密集とならないよう、時間に合わせてお越しください。

2020/05/28絵文字:NEW令和2年度「ちば!教職たまごプロジェクト」の実施延期について更新しました。
2020/05/26絵文字:NEW研修事業一覧No.2桃色(推薦)、No.3水色(希望)、No.4緑色(公開講座等)の実施要項(最終版)をアップしました。
2020/04/26 長期研修生選考志願書様式はこちらの研修関係資料からダウンロードできます。
2020/04/16 おすすめショートカットを更新しました。


 

◆◆◆ おすすめショートカット(クリックすると各ページに直接ジャンプします) ◆◆◆

センターだより
12345
2020/02/07

学校の情報環境整備に関する千葉県説明会

| by 総務担当
 2月7日、本センターメディア教育棟大ホールにおいて、学校の情報環境整備に関する千葉県説明会が行われました。教育事務所及び各市町村教育委員会の情報端末整備・通信ネットワーク整備担当者の方々向けに、「GIGAスクール構想の実現」に向けた校内通信ネットワークの整備と義務教育段階の児童生徒1人1台端末の整備について、以下の内容で説明がありました。

・「千葉県のICT環境の現状等について」                      県教育委員会
・「最新情報の説明、事前質問への回答、質疑応答」(Skypeによる遠隔説明)
     文部科学省初等中等教育局 情報教育・外国語教育課 環境整備担当 専門職  松本 修 氏
・「学習用端末についての説明(自由参加)」                       民間企業
   
                      説明会の様子

 国が進める1人1台端末及び校内LANの整備が、本県内の市町村でも、この機を逃すことなく進むことを祈念いたします。
16:00
2020/01/21

高等学校初任者研修・閉講式

| by 総務担当
 1月21日、高等学校初任者研修及び閉講式が行われました。本研修の対象は、高等学校(市立高等学校を含む)初任者255名です。以下の内容で講話・演習・協議が行われました。
                       
・「総合的な探究の時間の考え方」                    教育振興部学習指導課指導主事
・「高等学校における道徳教育の推進」                  教育振興部学習指導課指導主事
・「協働性と組織貢献」                           総合教育センター所員
・「初任者研修の振り返りと2年目へ向けての課題設定」            総合教育センター所員
   
                     研 修 の 様 子
   
                    閉 講 式 の 様 子
 受講後の、受講生の声です。


・「道徳教育の推進で学んだことを校内の研究授業に生かしたい。」
・「充実した内容の講義や、同期との協議・異校種交流などの中でたくさんのことを学んだ。」
・「子供たちの成長に少しでも貢献できるよう、初任研で学んだことを生かしていきたい。」
・「千葉県の教育を担う一員として、今後も「学び続ける教師」という意識を持ち、一層励んでいきたい。」

 閉講式では、当センター所長から、新学習指導要領の趣旨を踏まえて、探究的な活動の充実の必要性等について挨拶がありました。また、受講生代表から、「生徒のために自分ができる最善は何か常に考え、初任者一同支え合って千葉県教育の明るい未来を築いてまいります。」との力強い誓いの言葉がありました。
17:00
2019/12/17

特別支援学校初任者研修・閉講式

| by 総務担当
 12月17日、特別支援学校初任者研修及び閉講式が行われました。本研修の対象は、特別支援学校初任者、特別支援学校初任者寄宿舎指導員・実習助手で179名です。以下の内容で講話・討論・演習が行われました。
                       
・「未来の障害者ーAIと障害者の可能性ー」
            一般財団法人スマート インクルージョン推進機構 竹村 和浩 代表理事
・「これからの特別支援教育を考える」             明星大学 中田 正敏 客員教授
   
                     研 修 の 様 子
   
                    閉 講 式 の 様 子
 受講後の、受講生の声です。


・「ICT機器の発達に伴って、様々な教材や支援具が考案されていることを知った。活用するのが楽しみになった。」
・「他校の先生方と1年間を振り返り、今後の目標などを意見交換することができた。」
・「初任者として1年間で学んだ気持ちを忘れず、自ら学ぶ姿勢を大切にしていきたい。」

 閉講式では、教育振興部特別支援教育課 酒井昌史課長から特別支援教育の充実・発展を踏まえて挨拶がありました。また、受講生代表から、「感謝の気持ちを忘れず、これからの教育の中核を担う人材に成長し、千葉県の特別支援教育を担っていきます」との力強い誓いの言葉がありました。
17:00
2019/12/04

自立活動推進者育成研修

| by 総務担当
 12月4日、自立活動推進者育成研修(第3回)が行われました。本研修の対象は、県立・市立各特別支援学校から推薦された教諭41名です。第1回研修から、主に以下の内容で講話・研究協議が行われました。
第1回 6月11日(火) 
・「自立活動の指導に関する現状と課題」              県立桜が丘特別支援学校校長                                                      
第2回 7月25日(木)
・「新学習指導要領における自立活動について」         日本体育大学 長沼 俊夫 教授
第3回 12月4日(水)
・「自立活動の推進に関する各自の取組について(研究協議・発表)」    総合教育センター所員
   
                     研 修 の 様 子
 受講後の、受講生の声です。

・「自立活動を見直す機会になった。自分の取組について深く考える1年となり、勉強になった。」
・「学んだことや、他校の取組を自校で紹介するなどして、実践につなげていきたい。」
・「自校の自立活動を推進できるように、情報提供や校内研修の実施など、自分から積極的に行動していきたい。」

 新学習指導要領の趣旨を踏まえ、各校において自立活動に対する校内の体制づくりや、指導内容の一層の充実が図られることを祈念いたします。
17:00
2019/11/23

休日開放事業ー特別支援教育講演会ー

| by 総務担当
11月23日(土)、休日開放事業ー特別支援教育講演会ーが行われました。本事業は、教育関係者や県民を対象に、特別支援教育の理解及び推進を図ることを目的としています。以下の内容で講義が行われました。

・「共生社会の形成に向けてーIPC公認教材『I`mPOSSIBLE(アイムポッシブル)』を使ったパラリンピック教育の推進―」
   講師:日本財団パラリンピックサポートセンター プロジェクトマネージャー  マセソン 美希 氏

    
                    講 演 会 の 様 子
  講演会後の参加者の声です。
・「パラリンピック教育についての基本的な考え方を知ることができた。」
・「長野パラリンピック出場や、カナダの公立小学校勤務の経験など、講師の実体験を踏まえた熱心な話が、大変勉強になった。」
・「一人の人間として、意識を変えることが大切だと感じた。」

 講演会終了後も、参加者から前向きで熱心な質問が続きました。マセソン氏の一つ一つの質問に丁寧に答える姿が深く胸に残りました。
17:00
12345