新着情報・センターからのお知らせ

絵文字:鉛筆感染症拡大防止に伴う総合教育センターの利用基準について(10月2日改訂)
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、センターの利用基準を定めました。研修等主催者、受講者(利用者)の皆様は下記ファイルを熟読の上、内容を遵守いただきますようお願いします。
 絵文字:重要研修等主催者へのお願い(10月2日時点).pdf
 絵文字:鉛筆受講票.pdf(総合教育センター主催の研修を受講される方)     
 総合教育センター利用者の皆様へ.pdf  来所相談される方へ(特別支援教育部 稲毛庁舎).pdf

絵文字:NEW総合教育センター駐車場の利用について
 当センター本館空調機械の改修工事に向け、10月27日(火)から、駐車場の一部に仮設事務所や産廃コンテナ等が設置されます。駐車する際は十分にお気を付けください。
 なお、駐車スペースが狭くなりますので、来所の際は、できる限り公共交通機関をご利用いただくようお願いいたします。

絵文字:重要11月・12月の総合教育センター主催の研修等について
 11月・12月の総合教育センター主催の研修等については、「11・12月の研修変更一覧.pdf」をご覧ください。


2020/10/21絵文字:NEWセンターだよりを更新しました。
2020/09/15 10月の総合教育センター主催の研修等については、「10月の研修変更一覧.pdf」をご覧ください。
2020/09/15 当センターが主催する休日開放事業の変更等については、こちらのページをご確認ください。
2020/09/15 「推薦研修・希望研修(7・8月)」の代替措置の資料配信を開始しました。
 

◆◆◆ おすすめショートカット(クリックすると各ページに直接ジャンプします) ◆◆◆

センターだより
12345
2020/10/19

千葉県児童生徒・教職員科学作品展及び表彰式

| by 総務担当

 令和2年度千葉県児童生徒・教職員科学作品展及び表彰式が、10月19日(月)に本センター大ホールで行われました。
 式典では、千葉県知事賞をはじめとした特別賞や優秀賞、優良賞を受賞した12名の生徒に、賞状及びトロフィー等が授与されました。
 審査員長の講評では、「コロナ禍で休校が続いた中でも研究を進め、例年と同じくらい質の高い論文を出せたことは誇りに思ってほしい。」「アイザック・ニュートンが17世紀中頃のペスト流行で大学が休校になった際、避難した故郷で万有引力の法則や微分積分学など、近代科学の礎となる研究を成し遂げた。こんな時期だからこそ、できることに挑戦し、科学と向き合い、科学を楽しんでほしい。」等のお話がありました。
 なお、本年度の受賞作品の中から科学論文4点が全国展に出品されます。
  
      受賞者の様子           講評            会場の様子

 令和2年度千葉県児童生徒・教職員科学作品展の受賞者一覧等はこちらからご覧ください。



17:00
2020/10/09

新任教頭研修・閉講式

| by 総務担当
 10月9日(金)、本センターにおいて、新任教頭研修・閉講式が行われました。本研修の対象は、小・中・義務教育学校・高等学校及び特別支援学校の教頭257名です。以下の内容で班別協議・講義・講話が行われました。
 ・「学校運営上の課題と教頭の役割」                    教育NPOちば職員 他
 ・「民間から学ぶ学校経営」       東京電力ホールディングスESG推進室部長 田中 丈夫 氏   
   
   
研修・閉講式の様子
 受講後の、受講生の声です。
 ・「新任教頭が抱える課題について、自分にはない視点や解決方法を共有でき、大変有益であった。」
 ・「地域や保護者、教職員と信頼関係を築き、教頭としての職責を果たしていきたい。」

 閉講式では当センター所長から、安全な学校、創意と工夫に満ちた教育活動や特色ある学校について挨拶がありました。本研修を学校運営にお役立ていただき、より一層ご活躍されることを祈念いたします。

 ☆ センター所員から「能動的自立研修」について説明がありました。ぜひ、ご活用ください。
16:00
2020/09/17

新任校長研修

| by 総務担当
 9月17日(木)、本センターにおいて、新任校長研修が行われました。本研修の対象は、小・中・義務教育学校・高等学校及び特別支援学校の新任校長217名です。
 第2回研修では、以下の内容で講義、演習・班別協議が行われました。

 ・「これからの学校づくりへの期待・チーム学校の具現化に向けて」  東京国立博物館館長 銭谷 眞美
 ・「今求められる学校経営・人材育成の取組」           元県立学校校長/元公立小学校校長
 ・「千葉県における特別支援教育の現状と課題ー特別な支援を必要とする児童・生徒の教育の在り方ー」
                           教育振興部特別支援教育課教育支援室主幹兼室長
 ・「私の学校経営『新型コロナウイルス感染症対策』」              教育NPOちば職員    
   
   
研 修 の 様 子
 受講後の、受講生の声です。
 ・「学校経営者としての校長と教育者としての校長の在り方について、改めて考えることができた。」
 ・「法規による対応と学校裁量による対応を見極め、判断をしていく必要を感じた。」
 ・「グループ協議で各学校の感染症防止対策や課題等を踏まえて協議することができ参考になった。」
 本研修を生かし、一層の学校経営推進につなげていただくことを期待しております。
16:00
2020/09/15

中学校初任者研修(第4回校種別研修)

| by 総務担当
 9月15日(火)に中学校初任者研修が本センターで実施されました。本研修の対象は、中学校初任者で、本年度は274名です。第4回校種別研修では、情報教育の推進について、以下の内容で講話・実技が行われました。
 ・「ICTと情報化社会」                        総合教育センター所員
 ・「タブレット端末の活用」                       総合教育センター所員
 ・「プログラミング教育」                        総合教育センター所員
                         
研修の様子

 受講後の、受講生の声です。
・「これからの時代を生きる子供たちのために、情報を選択して使う力や、得た情報から考える力を育んでいかなければならないと思った。」
・「タブレット端末の効果的な使い方を学んだ。子供たちの資質・能力を育むため、積極的に活用したい。」
・「プログラミング教育についてよく分かった。小学校と中学校との連携を考えていきたい。」
 子供たちのICT活用について、学習指導要領でも、学習の基盤となる資質・能力として、「情報活用能力」を育成することが求められています。本研修で学んだことを、学級経営や授業改善に生かし、子供たちを支援していただくことを期待しております。
16:00
2020/07/22

幼稚園等初任者研修

| by 総務担当
 7月22日(水)に幼稚園等初任者研修が本センターで実施されました。本研修の対象は、採用から1年未満の幼稚園等の教諭等で、本年度は173名です。
 第4回研修では、以下の内容で講話・演習・班別協議が行われました。
 ・「さわやかマナーと心配り(接遇の在り方)」(講話・演習)
                    株式会社エム・アイ・エス・インターナショナル 畠山 直美 氏
 ・「千葉県の教育施策」(講話)             企画管理部教育政策課教育立県推進室推進班長
 ・「先輩の実践に学ぶ」(講話)・「実践報告、振り返り、課題解決」(班別協議) 
      講師:市町村立幼稚園等の園長、教諭等 市町村立教育委員会指導主事  幼児教育アドバイザー

   
      

                       研修の様子
 受講後の、受講生の声です。
 ・「『笑顔の力』について学んだ。マスクをしている中でも大切にしていきたい。」
 ・「県の教育施策では、子供たちの自己肯定感を高めることの大切さを学んだ。」
 ・「班別協議では、今、保育をしていて困ったり悩んだりしていることを共有できたり、講師の先生にアドバイスをいただけたりして良かった。」
 県内の多くの仲間と出会い、協議し、自身の実践を振り返ることができたことと思います。学んだことを生かし、よりよい実践につなげていただくことを期待しております。
17:00
12345