新着情報・センターからのお知らせ

2018/09/05 千葉教育萩号(No.651)がダウンロードできるようになりました。
      読者アンケートへのご協力もお願いいたします。

2018/08/07 予定されている本センター主催の研修に変更がある場合は、本センターWebサイト及びTwitterで前日17時
      までにお知らせします。

 

◆◆◆ おすすめショートカット(クリックすると各ページに直接ジャンプします) ◆◆◆

センターだより
12345
2018/09/13

台風の影響で延期となった研修事業実施について(お知らせ)

| by 総務担当
 台風の影響で延期となりました8月9日(木)に予定されていた本センター主催の研修事業を次のとおり実施しますのでお知らせいたします。
 なお、下記の研修対象者にはすでに連絡済みです。
中堅教諭等資質向上研修(幼稚園教諭等)
 実施日:平成30年10月30日(火)
 会 場:本センター


保育技術研修
 実施日:平成30年10月30日(火)
 会 場:本センター


高等学校初任者研修
 実施日:平成30年12月18日(火)
 会 場:本センター


中学校英語科教員指導力向上研修
 実施日:平成31年2月15日(金)
 会 場:本センター 

12:00
2018/09/07

楽しい技術と家庭科のコラボレーション研修

| by 総務担当
 「楽しい技術と家庭科のコラボレーション研修」を8月23日(木)と24日(金)の2日間、本センターで実施しました。
 参加者19名は、技術分野と家庭分野をコラボレーションした題材を通して、横断的な学習指導の事例として研修を行いました。
 1日目は、「藤糸を用いた布の製作」と「藤蔓を用いた籠の製作」をしました。研修では、藤糸や藤布の歴史についての講話と、藤布の製作や藤蔓を編んだ籠の製作実習を行いました。
 2日目は、前日に製作した籠を使い「浴衣バックの作成」をしました。その後の「和服の着付け」では、浴衣の着付けを学びました。
 参加者は、完成の喜びを味わい、そして互いに教え合いながら研修を行なうことができました。
    
 1日目の研修の様子
    
 2日目の研修の様子
08:00
2018/08/30

特別支援学校初任者研修(校外研修第12回)

| by 総務担当
 8月8日(水)に特別支援学校初任者研修を行いました。
 午前は新学習指導要領(特別支援学校編)への改訂の基本的な考え方や子どもたちへの教育実践の根拠について学びました。午後は、明星大学中田客員教授より「これからの特別支援教育の在り方について」学びました。障害者権利条約に基づく特別支援教育は、障害のある子どもを「指導の対象という捉え方から主体性を持つ存在であるという捉え方へのパラダイム・シフトが必要である」という考え方を聞き、視野を広げました。

             
      (新学習指導要領について)    (これからの特別支援教育の在り方について)
08:07
2018/08/29

特別支援学校初任者研修(校外研修第11回)

| by 総務担当

 8月6日(月)に千葉市と5教育事務所管内の県内6か所に分かれ、特別支援学校を会場として「地域の特別支援教育」について研修しました。各地区で優秀な教育実践をされている特別支援学級や通級指導教室担当者の方を講師に招聘し、指導上の工夫点等について学びました。研修生からは、障害のある子どもとない子どもの「架け橋」となれる教師を目指したいという意見が出されていました。


         
                    研修の様子


11:02
2018/08/17

子どもの変容がわかる指導方法と評価方法の研修I

| by 総務担当
 8月10日(金)に「子どもの変容がわかる指導方法と評価方法の研修I」を行いました。この研修は本年度から新たに始まった研修です。
 教職経験1年を経過した小・中・義務教育学校及び高等学校の教員が対象です。
 午前中は、首都大学東京客員教授の鳩貝太郎氏から「これからの授業改善に必要な指導方法、評価方法」についての講義とグループ演習を行いました。
 午後からは、科学技術振興機構主任アナリストの高城英子氏から「自由記述型観察実験シートを用いた学習活動 ルーブリックによる意欲向上と評価の改善」を主題に講話がありました。その後「実践報告と演習」をテーマに指導助言の先生を交えて協議を行いました。
    
                       研修の様子
15:02
12345